HSS型HSPの特徴ってどんなの?《実際のエピソードを漫画で載せてます》

目次

HSS型HSPの特徴ってどんなの?

 

HSS型HSP(とはHSPのような繊細さを持ち合わせながらも、
積極的で行動力を持ち合わせている端から見ると社交的な
特徴を持つ人を指します。

 

いままで生きづらさを感じていたのは自分が
HSS型HSPだったんだと納得できたのは26歳になった
最近のこと。

 

この記事ではHSS型HSPに悩む方に、
まずは自分がHSS型HSPだということを
知ってほしいという思いがあります。

というのも、症状の名前が分からないままでは
理由もわからないけれども他の人の当たり前ができない
という状態に苦しんでしまうからです。

 

[say name=”” img=”https://komatuharuna.com/wp-content/uploads/2020/06/w1涙.png”]私は自分のことを頭がおかしいのではないか…と
つい最近まで真剣に思っていました…![/say]

 

HSS型HSPとは一般的なHSPの特徴にHSSの特徴が
合わさっている状態のことです。

 

一般的なHSPの特徴はこちらになります

  • 人混み・物音・光・刺激から影響を受けやすい
  • 周りの人たちの感情をくみ取りやすく、共感しやすい
  • 相手に過剰なまでに同調しやすく、相手の気持ちに引っ張られることも多い
  • 周りからの刺激を感じやすいので疲れやすい
  • 自分のことを責めやすい

 

日本人の5人に1人がHSPに当てはまる傾向があり、
外国よりも日本のほうが多いのは
日本の国民性ゆえだからだそうです。

[say name=”” img=”https://komatuharuna.com/wp-content/uploads/2020/07/🐑.png”]確かに他の人を思いやる精神は日本の国民性だよね…[/say] [say name=”” img=”https://komatuharuna.com/wp-content/uploads/2020/06/w1わー.png” from=”right”]思いやりの精神は素敵なんだけれども、
HSPの場合自分のエネルギーを全部注いじゃうんだよね[/say]

 

そして、HSPの特徴にプラスされる
HSSの特徴がこちらです

 

  •  好奇心が強く、やってみたい!と思ったことに
    積極的にチャレンジする
  • 毎日同じこと/同じ人たちといると飽き飽きする
  • 何もしない状態が好きではない
  • 好奇心旺盛なので新しいことにどんどん興味を持つため、
    変化がめまぐるしく自分自身を見失いがち

 

ご紹介しているHSS型HSPの特徴は一部です。
しっかりと診断したい場合は、こちらのサイトが詳しく
チェック項目があるのでおすすめです。

◎High Sensation Seeking Test
http://hspjk.life.coocan.jp/HSS-Test.html

[say name=”” img=”https://komatuharuna.com/wp-content/uploads/2020/06/w1笑顔.png”]私もHigh Sensation Seeking Testで
自身がHSS型HSPだと知りました。[/say]

 

HSS型HSPの特徴を踏まえた上での対処法

特徴を踏まえてHSS型HSPの人たちが
日常的に生きやすくなるための対処法をご紹介します。

 

  • 好き・得意に合わせた生活を心がける
  • 回復期間を用意しておく
  • 自然の中でリフレッシュする

好き・得意に合わせた生活を心がける

 

好奇心旺盛で自分の本当にやりたいことを
見失ってしまいがちなのはHSS型HSPの特徴の1つ。

自分自身を見失わないためにも、好き・嫌い・得意・不得意の
4つに分けて自己分析するのがおすすめです。
なぜなら変化がめまぐるしい中でも
自分自身を見失わなくてすむからです。

 

好き・嫌い・苦手・得意は変化しにくいので、
自分自身が分からなくなることを防げます。

 

3年前、私は自分に合った仕事を見つけるためでしたが
4つのリストを奇跡的につくっていました。笑

自分の好きなことや得意なことなどを
参考に今の働き方や仕事に出会えたと
いっても過言ではありません。

 

YoutubeにてしょくのこHSS型HSPvlogさまが
同じことを解説されていましたので
ご紹介させてください。

こちらの動画の4:12から解説されています。

回復期間を用意しておく

 

HSS型HSPの場合、周りの刺激をキャッチしすぎるので
回復する期間が必要です。

 

好奇心旺盛なHSS型HSPですが人と会う、
新しい環境に足を運ぶなど予定が多すぎると
どっと疲れてしまいます。

 

予定がいくつも重なるときや自分に負荷がかかりそうな予定だなと
感じるときは自分自身がリラックスして
過ごせる回復期間を設けましょう!

 

この日は周りからの刺激を受けない環境で過ごすという日を
つくっておくことで自分自身の充電ができやすいです。

 

人と合わずに周りの刺激をできるだけ受けないよう
過ごすことが大切です。✨
たとえば私の場合は自分の部屋に閉じこもったり、
1日中アニメーションや漫画を制作するだけの日をつくります。

 

自然の中でリフレッシュする

 

いろんなことにアンテナを張って好奇心旺盛に突き進み、
疲れてしまうHSS型HSPは自然の中でリフレッシュすることも
効果的です。

 

自然の中では音やにおいの刺激が都会と比べて格段に少なく、
美しい景色に気持ちも持ち直すことができるからです。

 

私も定期的に自然の中に足を運ぶことを意識しています。
周りからどんな刺激もなくなるので
一人ぼーっといるだけで落ち着くんですよね。

 

HSS型HSPの特徴が表れてる…!私の日常エピソード

 

HSS型HSPである私が「これはHSS型HSPの特徴なんだな…」
と思ったことを漫画にしてみました!
ほのぼのと読んでいただけると嬉しいです*

こんなふうに好奇心旺盛に
あらゆる場所に出向いては
疲れ果てて1日中ベッド、ということも
ザラです。 笑

 

今は新たな出会いに疲れることも
人に合わせてしまうことに疲れるのも
知っているので人と会うときは
時間を限定するようにしています。

HSS型HSPの特徴と上手に付き合っていこう♡

 

HSS型HSPの特徴や踏まえた対処法をいくつか
ご紹介させていただきました。

 

この記事を読んで「私ってHSS型HSPだったんだ…!」
と、自分をつくる要素の1つとして受け止めてくだされば
嬉しいです。

 

私自身がHSS型HSPと知ったのはここ最近のことだったので、
これからはHSS型HSPの特徴と上手く付き合っていけたらいいなと
考えています。

 

「周りから刺激を受け取りすぎる」
「好奇心旺盛で飛び込みすぎる」
などのHSS型HSPの特徴が悪いということはありません。

 

周りの人の気持ちを考え、
気遣えるのは素敵だと思います。

ただ、過剰に自分のエネルギーを
注ぎすぎることは注意が必要ですね。

 

私もこれから長くHSS型HSPと付き合っていくので、
上手に向き合えるよう工夫しながら生活したいと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

女性起業家さま・企業さまに向けて
自己紹介やオンラインで受講できるサービスの紹介を
漫画で制作を行っています🌼
WEBライター×イラストレーターを活かして、文章は完全お任せでも承っています*
他にも、アニメーション制作やWordpressデザイン、アイコン制作などつくることを幅広くお仕事にしています

コメント

コメントする

目次
閉じる